数回に分けて払う

免許費用は教習所によっても異なりますし、その人の腕によっても変わってきますが、少なく見積もっても25〜30万円ほどかかってしまうものです。

 

この費用を現金一括払いできる方はいいですが、不景気の昨今そうそう簡単に出せるような金額ではありません。ただ、多くの教習所では入学・入所時に全額を支払わなければいけないというわけではありません。

 

ほとんどの学校では分割払いも可能となっています。しかも、金融機関から借りた時のように毎月いくら支払って、何回払いにしなければいけないという決まりがないところもあります。

 

とりあえずある時に入金してもらえばOKという融通のきくところも少なくありません。しかも、金融機関から借りて分割払いするのとは違って利息もかからないので便利です。教習の度に数千円入金するというやり方もできるので、生活に大きな負担をかける事もないでしょう。

 

ですが、ある時払いとはいっても、いつまでも待ってくれるというわけではありませんし、全ての費用がある時払いでいいというわけではありません。そして、全くの一銭もお金がない状態で教習所に通う事は出来ません。

 

ほとんどの教習所で入学金・入所金がかかりますし、学科教習の費用や教材費などは事前に支払わなければいけないのです。

 

分かりやすくいえば、これから徐々に受講する技能教習の費用だけは分割払いでも構わないが、その他の費用は入学時・入校時に支払わないといけない事になっているのです。その費用は教習所によっても異なりますが、少なくとも15〜20万円は必要になってくるのです。

 

また、残りの技能教習の費用も、第一段階修了までに全額納入しないといけないとしているところが多いのです。つまり、教習所に通う費用の全額は入校時に一度に支払わなくてもいいが、遅くとも第一段階までには全額支払って下さいということなのです。

 

しかも教習所に通い始めて第一段階が修了するまでには、早い方では1ヶ月以内という事も多いです。ですので、分割払い可能とはいっても、やはりお金は準備しておかなければいけません。

 

もし、指定されていた期日までに支払っていないと、教習が受けられなくなってしまうこともあるので注意しましょう。また、合宿免許となれば2週間程度ですからやはりお金は準備しないと入校出来ません。

 

もし、期日までに免許費用が支払えないという場合には、やはり金融機関の融資を受けて教習所に全額支払い、その後毎月定期的に分割払いで返済していくことになるでしょう。