借りれる?借りれない?

免許ローンは申し込んでも必ず融資してくれるというものではありません。どんなローンでも同じなのですが、その金融機関の基準に沿った審査を行い、それをクリアした場合にのみ融資が可能となります。

 

その免許ローンの審査にはいくつかのポイントがあります。まず、その一つが年収です。金融機関では融資したお金が返済してもらえる確証がなければ融資はしません。

 

借り入れをすれば、元金と金利に伴う利息を毎月決められた額支払わないといけません。その支払いは当然収入から出るものですから、基本的に収入が高ければ高いほど審査をクリアしやすいと言えるでしょう。

 

一般的な銀行融資だと、正社員でないと申し込みできないケースが多いですが、免許ローンの場合、アルバイトやパートでもOKというところが多いです。

 

なぜなら、近年の不景気により正規雇用よりもアルバイトやパートでの雇用が多くなっているという現状と、免許ローンとなると大学生なども多いということ、そしてその免許やライセンスを取得する事で就職が有利になるという状況もあるのでしょう。

 

また、職歴なども重要視され、同じアルバイトやパートでも長く勤務していれば審査が有利になる事でしょう。その他には、借入金の有無、クレジットカードやその借入金、過去の借入金などの支払い状況もチェックされ、遅延などがあると審査が厳しくなってしまうかもしれません。

 

とはいえ、上記はあくまで就職している方、もしくは大学生でアルバイト・パートをしている方に対しての審査ポイントです。中には高校3年生で免許ローンを申し込みたいという方も当然いるでしょう。

 

もちろん、高校3年生でもアルバイトをしている方はいるでしょうが、学校もあるため、融資が可能になるだけの収入があるわけではありません。
そして、ほとんどの方はアルバイトもしていないでしょう。そんな方は審査ポイントに収入・職業などがあれば、当然審査で落ちてしまいます。

 

こういった場合の審査項目は、まず身分証明(学生証など)とともに、申し込みの際には親権者が連帯保証人になるよう求められるケースが多いです。そのため、審査はその連帯保証人の方の収入や職業、借り入れ実績などをチェックされることになるでしょう。

 

在籍確認の電話も、連帯保証人の方の職場にかかってくることになります。また、高校3年生、大学生でも働いていない方、そんな方ですでに就職が内定している方はその就職先も審査のポイントになることもあります。