自分に合ったローン

免許ローンといってもいろいろなタイプがあります。もちろん、免許と言っても普通自動車運転免許だけではなく、大型自動車、その他のライセンス取得などいろいろな免許があり、それぞれに適した免許ローンがあります。

 

まず、銀行の免許ローンがあります。とはいえ、これはあくまでフリーローン・多目的ローンといった類のローンであり、必ずしも免許取得にだけ特化したローン商品という訳ではありません。

 

銀行の免許ローンの特徴としては金利が比較的低めとなっている点です。自動車運転免許取得のためにお金を借りるのであれば、30〜40万円あれば十分でしょうから、金利は5.0%〜14.8%程度となっています。

 

消費者金融などのカードローンに比べれば5.0%ほど低めになっています。ただ、基本的に収入がある方にしか融資していませんので、高校生はもちろん大学生でもアルバイトでもしていない限り融資してもらえることはないでしょう。ですので、働きながら免許やライセンス取得を目指している方に向いています。

 

その他には、信販会社が提供している免許ローンがあります。こちらは、自動車運転免許取得に特化したローン商品と言えます。教習所・自動車学校と提携しているところもありますので、もし気になる方は教習所に問い合わせしてみるといいかもしれません。

 

逆を言えば、最初に免許ローンを選んでしまうと、自分が通いたい教習所・自動車学校では使えないというケースがあるので注意しましょう。

 

この免許ローンの場合、収入がない学生でも融資可能という点にあります。しかも支払い開始が6ヶ月後からでもOKというサービスもあります。そのため、就職が決まった高校生・大学生が在学中に免許取得したいという場合に借りるのに向いています。

 

免許取得にオススメなのが、大学生協ローンです。これの特徴は金利が9.0%という低さという点です。30〜40万円という額だとそれほど利息は気になるほどではないかもしれませんが、やはり利息は少ない方がいいでしょう。

 

ただ、条件としては生協の組合員になること、親権者に連帯保証人になってもらわなければいけません。そして審査にちょっと時間がかかるというのがデメリットで、今すぐお金が必要になるという場合には使えないかもしれません。

 

もしアルバイトでも働いている方が今すぐ免許取得費用を得たいというのであれば、消費者金融カードローンを利用するというのも一つの方法でしょう。

 

いずれにせよ、免許ローンを選ぶ場合には、自分に合ったものを見つけないといけません。