みずほ銀行で免許取得費用を借りるなら多目的ローン

みずほ銀行は大手の銀行で利用しているという人も多いでしょう。

 

このみずほ銀行にはいろいろとローン商品があるのですが、免許取得費用専用という免許ローンというのは用意されていないのです。

 

ただ、専用というわけではないのですが「多目的ローン」を利用することができます。

 

多目的ローンは目的が決まっているローンですので、何にでも使うことができるカードローンよりも低金利で利用することができます。

 

で、この多目的ローンが免許取得費用としても利用可能となっているのです。

 

商品内容は最長7年借入することができ、融資額は最高300万円となっています。

 

金利は変動金利と固定金利があり、変動金利はその都度変わりますが2019年9月の金利で年5.875%となっていて、固定金利は年6.5%となっています。

 

教習所を通して申し込みする信販会社の免許ローンよりも金利が低く設定されています。

 

信販会社の免許ローンは平均して13.0%前後ほどなので、半分以下の金利となっているのです。

 

借入できる条件は信販会社の免許ローンに比べてかなり厳しいですが、その条件に当てはまる人はこちらのみずほ銀行多目的ローンを利用したほうが良いでしょうね。

 

その厳しい利用条件ですが、まず年齢が20歳以上66歳未満で、最終返済時の年齢が満71歳未満の方に限ります。

 

ですので、未成年の学生の方は利用することができません。

 

あと、あるバイトの方も利用できず、社員としての勤続年数が2年以上の方となっています。自営業の方は営業年数が2年以上となります。

 

で、前年度税込み年収が200万円という条件もあるのです。

 

なので、学生の方は利用出来ず、社会人として働いている方しか利用することができませんね。

 

この条件を満たすことができる社会人の方は、免許取得費用として利用するのならば、信販会社の免許ローンよりも明らかにお得なのでこちらを利用するといいでしょう。

 

学生の方などでどうしてもみずほ銀行から免許費用を借りたいという場合は、20歳以上でアルバイトをしていれば利用することができるカードローンを利用するしかないですね。

 

ただ、学生の方は審査に通る可能性も高いとは言えないですし、金利の低いアk−ドローンではありますが、学生の方の適用金利は信販会社の免許ローンとほとんど変わらないです。

 

みずほ銀行カードローンの最高金利が適用されれば、信販会社の免許ローンよりも高くなります。

 

なので、頑張ってみずほ銀行カードローンで免許費用を借りるメリットはないですね。

 

で、みずほ銀行多目的ローンの利用は、まずはネットで申し込みするようになります。

 

店頭でも大丈夫です。ネット申し込みの方が便利で簡単ですけどね。

 

ネット申し込み後に、申込内容に基づきみずほ銀行の審査が入り、みずほ銀行から審査結果の連絡が来ます。

 

その後の契約はみずほ銀行に来店するか、郵送で契約書類のやり取りをするようになります。