銀行マイカーローンを免許取得費用に使う!

免許を取得するためには教習所に通うことになります。

 

この教習所に支払う金額が自動車免許の場合だと、30万円前後というのが一般的です。免許取得するには高額な費用が掛かりますね。

 

で、この30万円もの高額な金額を一括で支払うことができる人は少ないでしょう。

 

なので、この免許を取得するためにローンを利用数るのが一般的です。

 

免許取得

 

ローンにもいろいろと種類があり、教習所を通しての信販会社の免許ローンであったり、銀行マイカーローン、銀行カードローン・消費者金融であったりします。

 

一般的によく使われているのが、教習所を通しての信販会社の免許ローンです。

 

教習所から申し込むことができるので、スムーズに借りて支払うことができますからね。

 

でも、実は圧倒的に低金利なのが銀行マイカーローンなんです!

 

「マイカーローン」と聞くと車を購入するときに利用するローンで、免許取得するときに利用できるローンではないのでは?と思うかもしれませんが、一部のマイカーローンでは免許取得費用にも利用することができるようになっているのです。

 

このマイカーローンを免許取得費用として利用すれば、圧倒的な低金利で利用することができるのです。

 

信販会社の金利が、だいたいですが13%前後ぐらいのことが多いです。そんなに消費者金融とも変わらず、銀行のカードローンぐらいの金利でしょう。

 

しかし、銀行のマイカーローンの場合だと、2%〜5%ぐらいの間に抑えることができるのです。

 

誰がどう見ても圧倒的に金利が低いということが分かりますよね。

 

で、この銀行マイカーローンの中でも圧倒的に金利が低いのがしずぎんマイカーローンなのです。

 

しずぎんマイカーローン

しずぎんマイカーローンは静岡銀行が発売しているカードローンです。静岡県にある地方銀行ではありますが、全国の方が利用できるようになっています。

 

しずぎんマイカーローン

 

このしずぎんマイカーローンは金利が変動金利で年1.2%〜3.4%という超低金利設定となっています。

 

年1.2%って住宅ローン並みの金利設定になっていますよね。明らかに金利が低いということが分かるでしょう。

 

このしずぎんマイカーローンは免許取得費用としても利用できるようになっています。

 

契約後は再審査なしで追加の借入することができるので、免許を取得した後に車を購入するときにも利用することができます。

 

しかも、カードローンも付いているのでカーナビなどの車用品の購入などにも利用することができるのです。

 

借りることばかり便利になっていると、どんどん借りてしまって不安という方もいるでしょうが、ネットバンキングやATMでの繰り上げ返済は手数料無料ですることができるので、余裕ができたときはどんどん追加で返済していくようにするといいでしょう。

 

2つの問題点

 

ただ、このしずぎんマイカーローンを免許ローンとして利用するには2点ほど問題が出てきます!

 

利用するまでに時間がかかる

 

まず1つ目の問題点が、申し込みしてから利用するまでに1〜2か月ほどかかるということです。

 

免許取得費として利用する場合、本人確認書類として免許証が利用できません。まだ免許を取得していないわけなので。

 

なので、本人確認書類に健康保険証やそのほかを利用しないといけません。

 

そもそも、銀行のローンというのは審査に時間がかかりますが、特に免許ローンの場合免許証がないということから時間がかかるということもあります。

 

銀行ローンは金利が低いですので、なるべく必ず返済してくれる人に貸付しないといけないわけなので、審査がかなり慎重になるのです。

 

なので、結構時間がかかるということになります。

 

なので、ある程度急いでお金を借りて教習所に通いたいという人には向きません。

 

事前にいろいろと調べている状態で、ある程度時間に余裕があるという人はかなり金利が低いので絶対的におすすめですけどね。

 

学生は利用できない

 

あと1つの問題点が、学生は利用することができないということです。

 

学生という時点で利用することはできないようになっています。アルバイトなどをしている状態だったとしてもNGです。

 

これから免許を取得しようとしている人は、学生の場合も結構多いので、学生が利用できないというのは残念です。

 

学生本人がローンを利用するのならば、信販会社の免許ローンや消費者金融などを利用するようになります。

 

ただ、一つだけある意味学生が利用できる方法があって、それは親権者の方にこのしずぎんマイカーローンを組んでもらうということです。

 

親権者の方が子供の免許取得のために、このローンを組むことは認められているのです。

 

信販会社の免許ローンでも未成年や20歳を超えていてもアルバイトをしていない場合、親権者の同意や保証人などが必要になります。

 

なので、どうせなら圧倒的に金利の低いしずぎんマイカーローンを親権者の方に申し込みしてもらうほうが良いでしょう。

 

ここを親権者の方にお願いすることができれば、デメリットは時間がかかるということだけインあります。

 

時間がかかるのはどうしようもない事なので、なるべく早く申し込みしておくといいでしょう。